発毛をするコツと薄毛の原因

img-1

薄毛の原因は遺伝的要素が非常に強いとされていて、男性ホルモンの中に含まれている物質が発毛を妨げるので、この物質が多い家系に生まれた人は、生まれつき薄げになりやすい人です。



家族の中で薄毛の人がいる場合にはその可能性が高いので、注意が必要です。



遺伝的な要素が強い場合は迷わずにAGA専門のクリニックなどを受診して、カウンセリングや検査などを受けて、効果があるとされる薬を処方してもらいます。



この薬は日本で唯一効果の認められている飲み薬なので、半年間飲み続けると90%近くの人には効果が現われます。



遺伝的な要素が無い場合には食生活や生活習慣を改善するだけで太くて健康な髪の毛が生えてくる可能性が高いのですが、普段から強いストレスにさらされている人は、ビタミンCや亜鉛が不足してしまうので、髪の毛の栄養が足りなくなってしまって、細い毛が発毛してしまうことがあります。



亜鉛がストレスによって不足することは、仕事が忙しいと爪などが欠けることで確認をすることができ、意味も無く爪が欠けてしまう人は、ストレスによって亜鉛とビタミンCが不足している証拠となります。



アミノ酸や亜鉛が不足していると髪の毛を作る材料が無いので、発毛しなくなってしまうので、本数が少しずつ減ってしまいます。



本数が減ったことは鏡を見て、上から光を当てると確認することができるので、光が当たって頭頂部が透けてしまっている場合には生活習慣などを改善して、髪の毛を健康にする努力が必要です。



関連リンク

img-2
様々な発毛方法と注意したいこと

発毛とは、頭皮を改善して毛髪を増やし、失われた毛髪を生やすことです。男性はもとより女性も薄毛に悩む人はたくさんいます。...

more
img-2
発毛を妨げないために食事内容を見直す

発毛の悩みは大勢の方が持たれていて、日常さまざまに工夫されています。加齢により発毛力が衰えるのは仕方のないことですが、体を作る原料は何歳になってもやはり食べ物です。...

more
top